教育理念・教育目標

単なる日本語能力を身につけるための教育ではなく、思想、信条、立場が異なっても人間としての尊厳を尊重し、相互に理解できるための日本語教育をおこないます。そのためには、実践的コミュニケーションができる優れた日本語能力の育成をし、日本社会だけでなく、世界各地で活躍でき、日本と世界の懸け橋となる人材を育成することを目標としています。また、日本、母国、世界各地の文化や自身の考えを日本語で発信し、新たな社会文化の構築に貢献できる人材育成をおこなっています。

1.日本語教育

4技能をバランスよく修得し、実践的な日本語能力を身につけることができる。

2.異文化理解と平和的な人的交流

日本語を学ぶことを通して、他国々や民族が有する文化を学び理解し、平和的な人的交流ができる異文化能力を身につけることができる。

3.日本社会の一員としての生活

日本留学の生活する上で、日本社会の一員として風俗習慣を理解し、自ら管理し心身ともに健康的な日本での生活を送ることができる。

4.キャリアデザイン(進学、就職)

自身の将来像に向けてのキャリアデザインを描き、それを実現できるための進路先や就職先を決定できる。

学校案内

ただいま準備中です。

沿革

ただいま準備中です。

代表挨拶

校長 酒井 順一郎

 本校は、日本で住みやすい街として人気がある福岡市にあります。生活環境がとてもよい場所で学びますのでご安心ください。

 教職員が皆さん一人一人に寄り添うきめ細やかな教育を行います。質の高い教員が短期で高度な日本語能力を習得できるよう「わかるまで」「できるまで」指導していきます。また、日本語教育だけでなく、ボランティアの参加、小学生~大学生・大学院生や地域の人々と多くの交流をし、日本文化・歴史・習慣の理解を深める活動も行います。さらに、卒業後の進路指導は随時面談をし、学生の皆さんの希望を第一に考え丁寧にアドバイスをします。

 福岡国際外語学院で学び、大きな夢の実現をつかんでください。全力でサポートします!

設置者 宮松 潔

 私は、約33年前の1990年9月24日に留学生として生まれ故郷の中国大連を離れ、来日し、日本語学校から大学院までの7年半の間、留学生活を日本で送ってきました、そして、日本の大学、日本語学校にて同じく海外から日本へ進んだ経済技術等を学ぼうと志をもって来日した留学生の皆さんの世話役として、約9年勤務しておりました。この私の人生の一ページとしての自身の思い出の深い留学生活経験と留学生のみなさんと共に過ごしてきた楽しい歳月を、いつか自身が設置する日本語学校で再現したい、自分が歩んできた道、自分の失敗談を来日した留学生に語り、いかにして日本で有意義な留学生活を送れるか元留学生先輩として伝えたい、そして自分の設置した日本語学校を出身した留学生が日本で有意義な留学生活を送り、成功を成し遂げることができる学校作りが夢でした。

 この夢を叶えるため、多くの方々にご協力を頂きました、皆様方々のおかげで、本日、この念願の夢は現実に変えることができましたのは、私にとってこの上ない喜びです。この場をお借りして、ご尽力を賜りました多くの皆様方々に感謝の意を申し上げます。そして、この念願の日本語学校である福岡国際外語学院を素晴らしい日本語学校に作り上げるため、教職員一同、最善の努力をして、日本語教育を極めることを目指し、共に我が国の目指すべき外国人との共生社会のビジョンの実現に向けて取り組むことを目標として、日本語教育のみならず、共生社会づくりの具体的な課題を検討しその具体的施策を立てていくことにしております。

 私たち福岡国際外語学院教職員は、本学院へ海外から留学される皆様が日本語学習を通して、日本を理解し、日本と母国との懸け橋となる国際人となり、世界発展の一翼を担うことを願っております。

イベント・行事

ただいま準備中です。